後から読んでも恥ずかしくない日記

旅行のこと。日々のこと。

華やかにするために《チーク編》

今年の目標3つめ、12/30ぎりぎりにクリアした!幸せすぎる。もう向かう所敵なしだ。それに、春コスメはCHANEL、ゲラン、アディクションを予約済み。来年が楽しみすぎる〜〜〜

 

 

 

 

ということでチーク編。チークは化粧の段階としては1番好きじゃないかもしれない。もともと顔に赤みもあるし、無くてもいいんじゃないかってずっとおもってた。そう、つい先日までは…

 

 

 

化粧の最後に目と眉毛に合わせていれることが多いんだけど、ある日チークを忘れてしまって会社の鏡で自分を見てみると…それはそれは恐ろしい!血色激悪なアラサーがそこに!!なんてことなの!!!!!!ホラーか!!!!!

 

 

 

色補正をきちんと出来ているおかげで、顔の色が均一で、そこにあるはずの色がないと、本当にゾンビみたいだった。チークって自己満足の世界じゃなかったんだ。ていうかアラサーこそチークって大事だな。という結論に。男性はチークのつけすぎ嫌いみたいなので、注意が必要だし、今年流行った火照りメイクみたいな目の下にいれるのはリスクが高いけど。

 

 

 

 ①ディオール DIOR ディオールブラッシュ 676 5,700円

f:id:mmk0303:20161228150621j:image

のちに出てくるCHANELのチークが買えないと思って代わりに購入したもの。写真では青みピンクに見えるけど、実際はもう少し赤味がかってるかな〜〜妥協して買ったにしてはナンバーワン活躍率!!!自然に見えるし使いやすい。何も考えなくても変にならない。ま、ディオールである必要性があるかっていうと、ないよね。チークはCHANELが圧倒的勝利かな。トキメキ的に。結論から言うと、使いやすさとしては好き。トキメキがない故、他人には勧めない。

 

 

 

②シャネル CHANEL ジュ コントゥラスト 320 5,500円

f:id:mmk0303:20161230111036j:image

これね!!!!!私が恋したシャネルのオータムコレクション最難関だったと思われる320番チーク。シャネルにこんなにときめくと思ってなかったけど、新デザイナーのルチアピカが本当にどタイプで。アイシャドウやアイライナーはほとんど買えたんだけど、チークはどこにもなくて。もう諦めてて。いつもいくカウンターで、念のためキャンセル待ちしてて。発売開始が8月で電話がきたのが10月。そりゃ諦めてるよ!!!!!もはやディオールの買ったし私も辞めようかな、と思ったけど、やっぱりやっぱり後悔したくなくて購入。はい、激ムズチークです。もちろん薄くいれれば変にはならない…でも薄くいれるのも結構至難の技…薄すぎてもこの赤が映えない…入れすぎるとおてもやんになる…このループから抜け出せず、時間がない時には使えないこのチーク。必然的にお休みの日のみの活躍。でもね、トキメキがすごい。トキメキだけでやっていける。トキメキのためだけに買った理由見出せる。そして一生使い切れない自信しかない。

 

 

 

 

③シャネル CHANEL ルミエールドゥキョウト 8,000円

f:id:mmk0303:20161228150637j:image

トキメキが凄くない?!?!?!一目見た時から、絶対に、買おうと思ってた。チーク兼フェイスパウダー兼ハイライト兼シェーディング。何にでも使えるものって、総じて使いにくいと、私は思ってる。何かと何かがひとつになっているものって、大体ひとつだけで持つ効力を充分には発揮できないと思うの。でも、それでも良い!!って思えるトキメキさえあれば良いと思う。それがまさにこれ。ちなみに、チークとしては、320より使いやすい朱色。桜の型押しが消えないといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

チーク終わったあああ次は眉毛。