読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後から読んでも恥ずかしくない日記

旅行のこと。日々のこと。

なりたい自分になる《アイライン編》

私がこんなに化粧品を好きになったきっかけは、今回紹介するアイライナー。もともと化粧品は好きだったのは好きだったけど、1アイテム1個だけ持って、使い切って次を探す…という感じ。そんな時使っていたのがアイブロウ編でべた褒めしたエレガンス。エレガンスのアイライナーが大好きで大好きで、他のブランドのアイライナーとか目もくれなかった。考えたこともなかった。でも買い始めたときは色展開が6色くらいあったのに、その中のグレーが大好きだったのに、いつのまにか2色になって、エレガンスを選び続ける理由が見えなくなってきて、それでもリフィルを買い続ける暗黒期…(勝手に)

 

そんな時に母になんとなーく、〝同じものをずっと使うのが正義だと思ってたけど、最近気に入らなくなってきた〟って話をしたら、〝2個同時に使っても使い終わる期間は同じなんじゃないの?〟って言われて、なんでこんな単純なこと今まで分からなかったの…?と目の前の視界が一気にひらけた!!うまく伝わるかなー。

 

凝り固まった概念が一気に解き放たれて、我慢に我慢を重ねてきた結果が、いまの爆買いに至ったわけです。そんな母も、いまや私の爆買いにドン引きしています。

 

とにかく、今はその母の言葉に感謝している。毎晩、翌朝化粧するのが楽しみでわくわくしながら寝て、化粧するの面倒くさいなって思うこと、365日中1日もない。別に化粧が上手いわけではないので、アレンジとか別にしないけど、とにかく楽しい。洋服に化粧品の色合わせるようなテクニックとか待ち合わせてないけど、とにかく楽しい。

 

エレガンスは今でも見たら昔のわくわくを思い出すし、アイライナーとしてももちろんオススメ。今はラブライナーとかモテライナーとか、日本のプチプラアイライナーの技術すごいからな、わざわざ高いの買う必要もないのかもしれないね。あの時インウイと悩んでエレガンスにしたんだけど、インウイ選んでたら人生変わってたのかなー、と思う。変わんないか。笑

 

 

 

 

 

前置きが長くなったけど、アイライナー紹介していこう!

 

 

 

 

 

①クレ・ド・ポー ボーテ ライナークレームルガールアンタンス 6,000円

f:id:mmk0303:20170113135321j:image

そしてこれが運命のアイライナー。出会ってから1年と2ヶ月、まだ半分弱残ってます。コストパフォーマンスは最強。何故これを選んだか、今思い出しても不思議なんだけど、まだあまりディオールを好きになってなくて、ゲランのリキッドか迷ってて、あまりにも液体感がすごくて、あれ時間置かないとまぶたに転写するんじゃないかな?漆黒感はいいんだけど…と思いながらもゲランにしようと思ってたのに、ちょうどパウダーを買う時にこのアイライナーも比較対象としてみるか、と思ってタッチアップしたら何故か買ってたんだな。

 

でも買ってからすっごく後悔した。今までリキッドしか使ったことのなかった私には難しい一品だった。全然上手くかけなくて、そこそこ高いのにどうしよう。やっぱりゲランだったかなあ、と思っていた2015年冬。

 

 

 

 

でもね、このアイライナー、使えば使うほど好きになって、使え使うほど上手になっていくの!!!

 

 

 

 

しかもこの上なく可愛くなれる。

 

 

当社比。

 

 

年が明けて1月頃には、完全にべた惚れでした。そして今も、同じ気持ちで毎日好きだなあ、と思いながら使っています。こんな気持ちで毎日使えるって、本当に幸せなことだと思う。もうこのアイライナーなしでは、生きていけない…私が使っているのはブラウンだけど、そんなに茶色くなくて、使いやすく、黒のリキッド重ねても全然違和感がない!とにかく、まつ毛の間が埋めやすい。リキッドだけだと、テクニック不足か、どうしても浮いちゃうんだよね。全部埋めないと気が済まない。このアイライナー使いはじめてから自分の目の形好きになったよ。

 

あえて良くないところを探すなら、極細繊細なラインは書けないこと、目尻の跳ね上げラインやタレ目ラインを綺麗に書けないこと、目頭にラインを入れづらいこと(離れ目なので絶対必要)コンタクトしたあとにまつ毛の間埋めるとかならずコンタクトに転写すること(化粧直しには全く向いてない)。細かいラインは私は次に出てくるリキッドでカバーしてるけど、1つで済ませたい人には向いてないかな。結構マイナス点あるけど、それでも使い続ける価値がまだまだまだまだ有り余ってるくらい素敵なアイライナー。よく乾きやすくて最後まで使えないって言われてるけど、使ったらすぐにしめる!!を徹底してれば気にならないよ。筆も定期的に洗えばずっと使える。1年経ったからボビーの筆買おうかと思ってる〜、、

そういえば、シャネルで2016年に出たクリームライナーもすっごくいいんだよね、なくなったらリピート、、するか悩む。

 

 

 

 

②エッセンス essence superfine eyeliner pen 545フォリント

    ゲラン guerlain クレヨンユー ケイティネイビーブルー 3,500円

    シャネル CHANEL スティロユー エロス 3,000円

f:id:mmk0303:20170113135325j:image

1番上のessenceはブダペスト購入品日記でもかいたけど、本気で本気で本気で最高に良い。アイライナーなくなりそうだから適当に買ったにもかかわらず、最高に気に入ってる。ただ、疑問が1つあって、今まで1,000円くらいで売ってる日本のリキッドのアイライナーを使ったことがなくて、もちろんキャンメイクやケイトも比べたことがないから、もしかして日本製のものはもっと良いのかもしれない。でも、前に書いたブランエトワールよりもこのessenceの方が好きかなぁ。一度ではっきり色がのる感覚、私は初めて出会いました。そして極細、ぶれない、滲まない。クレドポーのアイライナーをまつ毛の間からすこし出るくらいに適当に埋めたあと、このリキッドで締めて、目頭目尻を仕上げてるよ。このアイライナーが3,000円でも買う。このためにドイツ行きたい。そしてみんなに配りたい。

 

 

 

脱線するけど、私がデパコスばかり買う理由は、性格的に全色全種類とにかく全部揃えないと気が済まないんだけど、デパコスは現実的に資金不足で全色なんて買えないから考える暇を与えることなく諦めるとかそういう次元じゃなくて、〝買わない〟に行き着くからいいんだけど、プチプラと呼ばれる化粧品は現実的にどうにかすれば買えて、それが〝買えるけど買わない〟になってしまって自分の精神が不安定になるので、もうほぼ一切気にしないようにしています。もう気にし始めたら、気に入り始めたら、端から端まで買ってしまうので、危険。危険すぎる。前にモテライナーいいのかな?と思って、手に書いたら感動して、全色レジに持って行こうとした前科があるの。ダークブラウンとライトブラウンとか、ズルくない?全部買っちゃえ!って思っちゃうよね?そしたら本気で使い切る前に死んじゃうと思うので、プラザとかロフトとか絶対いきません。マツキヨも化粧品コーナーは通らない。デパコスも使いきれないくらい買ってるよね?っていうツッコミは遠慮しますね。

 

 

2本目のゲランは年末に合計金額合わせで購入。柔らかくて描きやすい。故に馴染みまくる。目に青を持ってくるのがもともと好きなので、ネイビーのアイライナー欲しかったから選んだんだけど、思ったよりアイシャドウの色を選ぶ。まあ、単色のピンクかオレンジか、、、って感じなんだけど、ブラウンは私のセンスでは到底まかないきれない。でもブラウンを選ぶことが多いじゃないですか、特に仕事の日の思考回路がうまくまわってない朝って。だから、あ、今日はネイビー使えないや…ってなるんだよね。最初から今日はネイビーのアイライナー使おう!って決めないと使えないかな。でも青って白目が綺麗に見えてすっごく好き。1本持っててもいいと思うけど、主力にはならない気がする。あ、これ付けてカウンターいくと、かならずBAさんが気付いてくれるからそれは嬉しい!

 

 

3本目のスティロユーは3本目。エスプレッソ、サンタル、そして今回のエロス。エロスは秋コレクションで出た新色だけど、限定じゃないのに未だに在庫がないらしい。同時に出た限定色のアギャペのなくなり方も半端なかった…アギャペは普通のブラウンに見えたので買わず、エロスを買ってみた。エロスは赤で、がっつりこれでひくというよりは、ポイントで目尻に引いていくのが使いやすいかな。秋コレクションのアイシャドウとブラウンマスカラと合わせると最高の組み合わせ。逆にそれ以外エロスを使う頻度は激低。だからいいんだけど、スティロユー、本当にコストパフォーマンスが悪い。え?!って思うくらい描きやすいけど、え?!って思うくらいすぐなくなる。安く見えるけど、なくなるのが早すぎて、毎日使ってる人はかなりの頻度でリピートしなきゃいけないんじゃないかな?ペンシルは繰り出し式が楽だけど、コストパフォーマンスは本当に悪い。でも硬いとまぶたの皮膚に負担がかかるし、難しいところです。柔らかい描きやすいアイライナー探してたらこれをおすすめする!色もたくさんあるし。私も新色が出るたびにチェックして、ああ、いいな!って思うけど、頑張って我慢。今回のコレクションもタッチアップして、柔らかいミルクティーのような色で、本当に素敵だったよ〜でも我慢だ〜

 

 

次はマスカラかなー。

 

 

眉で決まる第一印象《アイブロウ編》

あれ?肌で決まるって言ってなかった?言ってた言ってた。どっちの説が正しいのか分からないけど、どっちもベストを尽くせって話だよ。昔どこかのBAさんに、肌と眉だけちゃんとしてけば目とか頬とかどーでもいいんだよ。って言われたことがあるよ。私も日々ベスト更新できるように頑張ってる!

 

 

 

 

 

①エレガンス elegance ブロウスタイリングパウダー 4,000円

f:id:mmk0303:20170110083022j:image

f:id:mmk0303:20170110083034j:image

私の中で完全な神コスメですね。眉毛のパレットこんなに使いきれることってあります???もう一生無いんじゃないかな…大学生の時から使ってるから、もう7年、8年選手くらい?大学生のとき、エレガンス大好きすぎて大好きすぎて、でもその後のブランディングを好きになれなくて、なんとなく離れていっちゃったけど、アイブロウだけはずっと好き!!!アイブロウ難民は絶対に絶対にこれがオススメ。聞かれたことないけど。ちなみに今はリニューアルして3色になってるけど、色展開はほぼ同じらしい。大学生〜社会人3年めまでは髪明るかったから左をよく使ってて、ここ3年くらいで右の暗い色をよく使ってて、こんなに人生に寄り添ってくれるアイブロウあるかね。いや、ないね。次に出て来るディオールもめっっちゃいいけど、やっぱり扱いやすさで言ったら完全にエレガンス一択だよ。時間がないときにディオールは選ばないもん。書き慣れてるていうのもあるかもしれないけど。これについて書き始めたらもうキリがない!!そして書いてたら好きがありあまりすぎて、無くなったらまた買ってしまいそう。でもまた7年使うの無理だよな〜〜

 

 

 

 

ディオール DIOR オールインブロウ3D 7,400円

f:id:mmk0303:20170111130955j:image

これ買って1年弱経つのにこれしか無くならないんだけど。コストパフォーマンス力すごいよね?多分一生使い切れないと思うの。これが出るまでディオールってアイブロウパウダー無かったと思うんだけど、もう出た瞬間買ったね。これだ!!と思ったの。その時髪色を暗くするブームで、暗い方を買ったんだけど…どーしても色が合わない。染めたてはいいんだけど、時間が経つとどうしても色が抜けてきて、明るくなっている悲しいシステム。眉毛だけ浮いていて、前髪もないことも相まって、白鳥美麗(なつかしい!)に見えること多し…。でも明るい方はすっっごい明るいんだよね!!!あれはあれで浮く気がする。結論としては、この色に髪の色を合わせていくしかないということ。そういう点ではエレガンスの方が格上だな〜エレガンス使ってて眉毛浮くって思ったこと一度もないもん。肝心のアイブロウの実力でいうと、綺麗に書けるのはエレガンスよりもこっち。ただ、テクニックと時間を要するので、失敗したああああ!!!!ってなることもあるから、リスク高めでお休みの日はこれ使うことが多くて、仕事の日はエレガンスを選びがち。エレガンスはふわっとナチュラルに適当にのせても色出しもそんなに濃くないから失敗することもない。でもディオールをちゃんと使えばキリッとした理想の眉毛になる。モテ的な要素でいくとエレガンスなのかな。私は意思あります!!的な眉がタイプなのでディオールの方が仕上がりは好き。ちなみに1番下はワックスになっていて、のせ方によってはのぺっとなってしまうけど、とってもとっても持ちが良い!!!今書いてて思い出したけど、前にエレガンス使ってるとき、冬でも、夕方になると消えてることがあって、それがずっと気になってて、このディオールを買ったんだった。ファンデーションとの相性が良く無かったのか、肌の状態なのか分からないけど、今は気にならないな…こう書いてたらディオールの方が評価高い気がしてきたけど、とにかくどっちも違う印象が作れるので大好きです。

 

 

 

 

③エレガンス elegance アイブロウスリム 3,800円

f:id:mmk0303:20170111131113j:image

何本リピートしただろう。こちらも7年選手なので、ハゲハゲ…。ほぼパウダーで仕上げて、眉尻だけペンシルタイプを使うから、そんなにたくさんは使わないんだけど。ペンシルアイブロウはこれしか使ったことなくて、絶対一生これ使うんだ!!って思ってたんだけど、使い切り日記にも書いたディオールの方が芯が柔らかくてかきやすかった。コストパフォーマンスは完全にエレガンスが圧勝だし、何より本体が重くて重心を取りやすい気がする!書きやすい!例えばディオールがペンシルをただ支えて肌に添わせるだけだとすると、エレガンスはきっちり握って肌に描こうとしないと色が出ない、みたいな感じかなぁ。分かるかなぁ。最近は太くて短い眉毛が流行ってるから、ペンシルを使わなくても仕上げられてとても良い時代だなと思う。昔の写真みたら細いし薄くてすっぴんに見えることあるよね〜でもすこし時が経ったら、眉毛太っ!!てなるのかな。不思議だね。

 

 

 

余談だけど、アナスタシアすごく良かった!眉毛難民はおすすめ。3.4度行って、眉毛の形覚えて、キープできるかな、と思ってたけど、意外に難しい。 アナスタシアは眉毛の本来の長さを活かして横に流す、みたいなイメージだからそれも自分に合ってて好きだったー。でも、行かなくても良いところにお金かけるってブルジョワ感を感じてしまい、行かなくなっちゃった。眉毛の書き方とかも教えてくれるのでおすすめだよ。

 

 

 

 

 

次はアイライナーにしよっかな!

 

華やかにするために《チーク編》

今年の目標3つめ、12/30ぎりぎりにクリアした!幸せすぎる。もう向かう所敵なしだ。それに、春コスメはCHANEL、ゲラン、アディクションを予約済み。来年が楽しみすぎる〜〜〜

 

 

 

 

ということでチーク編。チークは化粧の段階としては1番好きじゃないかもしれない。もともと顔に赤みもあるし、無くてもいいんじゃないかってずっとおもってた。そう、つい先日までは…

 

 

 

化粧の最後に目と眉毛に合わせていれることが多いんだけど、ある日チークを忘れてしまって会社の鏡で自分を見てみると…それはそれは恐ろしい!血色激悪なアラサーがそこに!!なんてことなの!!!!!!ホラーか!!!!!

 

 

 

色補正をきちんと出来ているおかげで、顔の色が均一で、そこにあるはずの色がないと、本当にゾンビみたいだった。チークって自己満足の世界じゃなかったんだ。ていうかアラサーこそチークって大事だな。という結論に。男性はチークのつけすぎ嫌いみたいなので、注意が必要だし、今年流行った火照りメイクみたいな目の下にいれるのはリスクが高いけど。

 

 

 

 ①ディオール DIOR ディオールブラッシュ 676 5,700円

f:id:mmk0303:20161228150621j:image

のちに出てくるCHANELのチークが買えないと思って代わりに購入したもの。写真では青みピンクに見えるけど、実際はもう少し赤味がかってるかな〜〜妥協して買ったにしてはナンバーワン活躍率!!!自然に見えるし使いやすい。何も考えなくても変にならない。ま、ディオールである必要性があるかっていうと、ないよね。チークはCHANELが圧倒的勝利かな。トキメキ的に。結論から言うと、使いやすさとしては好き。トキメキがない故、他人には勧めない。

 

 

 

②シャネル CHANEL ジュ コントゥラスト 320 5,500円

f:id:mmk0303:20161230111036j:image

これね!!!!!私が恋したシャネルのオータムコレクション最難関だったと思われる320番チーク。シャネルにこんなにときめくと思ってなかったけど、新デザイナーのルチアピカが本当にどタイプで。アイシャドウやアイライナーはほとんど買えたんだけど、チークはどこにもなくて。もう諦めてて。いつもいくカウンターで、念のためキャンセル待ちしてて。発売開始が8月で電話がきたのが10月。そりゃ諦めてるよ!!!!!もはやディオールの買ったし私も辞めようかな、と思ったけど、やっぱりやっぱり後悔したくなくて購入。はい、激ムズチークです。もちろん薄くいれれば変にはならない…でも薄くいれるのも結構至難の技…薄すぎてもこの赤が映えない…入れすぎるとおてもやんになる…このループから抜け出せず、時間がない時には使えないこのチーク。必然的にお休みの日のみの活躍。でもね、トキメキがすごい。トキメキだけでやっていける。トキメキのためだけに買った理由見出せる。そして一生使い切れない自信しかない。

 

 

 

 

③シャネル CHANEL ルミエールドゥキョウト 8,000円

f:id:mmk0303:20161228150637j:image

トキメキが凄くない?!?!?!一目見た時から、絶対に、買おうと思ってた。チーク兼フェイスパウダー兼ハイライト兼シェーディング。何にでも使えるものって、総じて使いにくいと、私は思ってる。何かと何かがひとつになっているものって、大体ひとつだけで持つ効力を充分には発揮できないと思うの。でも、それでも良い!!って思えるトキメキさえあれば良いと思う。それがまさにこれ。ちなみに、チークとしては、320より使いやすい朱色。桜の型押しが消えないといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

チーク終わったあああ次は眉毛。

最後の一押し《お粉編》

あと少しで今年が終わるらしい。年始に決めた目標、一つだけクリア出来てない。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでお粉編

コンシーラーが好き、ハイライトが好き、っていろいろ書いたけど、お粉も好き。結果全部好き。プチプラならエクセルが好き。今出てる限定のやつ良さそうだった。買おうかな。とおもったら売り切れだった。売り切れ続出らしい。ちなみに、ミラコレも何度か買ったけど、もっといい物に出会ったのと、母が買い始めて、被るのが嫌なので買うの辞めたよ。基本はプレストよりルース派。でも持ち歩き用にプレスト買ったりもするよ。

 

 

 

 

ディオール DIOR ディオールスキンヌードエアールースパウダー 16g 6,500円

f:id:mmk0303:20161218101334j:image

f:id:mmk0303:20161218101340j:image

色付きのパウダーあんまり使ったことなかったんだよなー化粧下地で色補正して、ファンデーションでアラ隠して、コンシーラーで更にアラかくして、パウダーも色付きって…どんだけ隠すつもりなのよ!!!という気持ち。でした。いや、です。いまでもどちらでもいいです。ただ、セミマットになればそれで良いんだ。ただ、ファンデーションとセットで使いたいだけ。企業努力の末、商品化されていると信じているので、スープとかカップラーメンとか、いちいちお湯の量はからないと気が済みません。だから下地とファンデーションと粉もセットで買うべきだとおもってる。

 

 

 

 

ただ、これはファンデーションとセットではない。おなじディオールなだけ。

 

 

 

 

いいんだよ。ほっといてよ。

 

たまにBBクリームだけで済ましたりする時もあるけど、この粉はたけば何とかなる。補正効果かなりある。乾燥したりヨレたりもしないし(どのパウダー使ってもなったことないけど)ただ、ひとつだけ、大嫌いなところがある。

 

 

 

蓋がきちんと閉まらない。蓋がきちんと閉まらない。蓋がきちんと閉まらない。蓋がきちんと閉まらない。←文字の大きさを変えるのにハマりました。

 

 

そう、蓋がしっかり閉まらない!!!別に持ち歩かないからいいんだけど、気になるっちゃ、気になる。時間のない朝、一発で閉まらないって、かなりストレス。多分もう買わない。

 

 

 

 

 ②クレ・ド・ポーボーテ プードルトランスパランs 30g 12,000円

f:id:mmk0303:20161218101342j:image

高めに見えるけど、内容量多くて結果トントンなこのコストパフォーマンス最高なパウダー。買ったのは去年だけど、ベスコスですね、完全。セミマット好きは是非。化粧してます感!好きは是非。付けたては真っ白なんだけど、むしろそれが好き。何て言えばいいのか分からなくて、考えた結果、クレドポーマジックなんじゃないかとおもう。なんか綺麗に見える!!みたいなかんじ。理由は分かんないけど。パフもふかふかで大きくて好き。ブラシで付けても良いけど、パフでがっちり蓋するのが好き。すごい感動とかはないんだけど、これ以上の力を出せるルースパウダーを私は知らないから、なくなったら買います。ただ、バーバリーのファンデーションには合わないなーっていつもおもう。ゆえに、艶肌が好きな人が選ぶファンデーションには合わないんじゃないかなー。とおもってる。

 

 

 

クレドポーは自分の中で神です。大好きだし、信じてる。ただ、ディオールやゲランのように、話聞きながら、アドバイスもらいながら購入を決めるというよりは、自分で試して、決めて、買いに行くって感じだな。やっぱりディオールやゲランは顔できちんと覚えてくれるし、ハガキと電話もらえるから、ああ、あの人のところにいこ、っておもうんだよね。私のいくクレドポーは資生堂のカウンターと人が交代交代になってるのもあるし、同じ人がいることも少なくて、やっぱりもっとたくさん買わないと覚えてもらえないもんなんだな、、資生堂ってやっぱり大きな会社なんだな、、と。結構人で買うタイプなので、クレドポーはもっと良い人に当たったらたくさん買っちゃうと思う。買いたい。来年はカウンター変えよう。

 

 

 

次はチーク!

アラを飛ばしまくる《ハイライト編》

悪寒がすごいです。悪寒が。毎日漢方薬飲んでるのにまったく良くならないってなんなの。

 

 

 

 

 

はい、コンシーラーと張るぐらい好きなアイテム。   ハイライトいきまーす。

rms beauty ルミナイザー 4,900円

f:id:mmk0303:20161216132303j:imagef:id:mmk0303:20161216132316j:image

巷で人気のルミナイザー。クボメイクでも有名になったこちら。流行りのオーガニックコスメ。バームタイプのハイライトってなかなかないので、ファンデーションによって使い分けしております。光で飛ばす!っていうよりも、ただ単純にツヤを出してくれるもの。粉の上に使うとヨレる気がして好きじゃないので、基本的にはリキッドファンデの後に鼻筋と頬骨に。骨がここにあります!!!って主張してくれる感じ。ほぼココナッツオイルで出来ているというのに、値段設定高くない?!とおもったけど、なかなかなくならないので、コスパは良いのでしょう。大好きかって言われると、うーん。また買いますかって言われると、うーん。まだまだ試行錯誤が必要だなとおもいます。そして、やっぱり、今の時代、ツヤって大事なんだなー。って使うたびに実感する一品。

 

 

 

 

②ゲラン guerlain プレシャスライト 6,500円

f:id:mmk0303:20161216132322j:image

こういうカチカチ系のハイライトってさ!!使ってる意味あんのかな?くらい目に見えない仕込みだよね。たぶん、このカチカチ系の走りはYSLのラディアントタッチだと思うんだけど、初めて使ったのが大学生のころだったの。下地を作り込んでる訳でもなかったし、コンシーラーのようなカバー力はないし、ハイライトってなんやねん。て感じだったからあんまりいい思い出がなくて。それぶりのこれです。使ってるのはクリスマス限定で出たパーリーピンク。ピンクと言いつつ、すこし赤みのあるオレンジに近い色。ディオールに似てる色が定番であったと思うな。いろいろ言ったけど、私ピンクのハイライトって大好き!浮かないし馴染みやすいし、顔が一気に明るくなる感じがする。基本的には眉上、眉下、目の下に使って、鼻筋にはあまり使わないかな。これ単体だったらヨレないけど、コンシーラーの上に使うのはすこし抵抗がある〜そこだけ厚塗りになる感じがして。これ買ったときメイクアップイベントだったんだけど、その担当してくださった方はコンシーラー使ってなかったな。ファンデを何度か重ねる感じで…本当はそれで充分なのかもしれないね。難点はすぐ無くなりそうなところ、無くなりかけが分からないところ、もうこの色は買えないところ!定番色のプレシャスライトもハイライトとしてぴったりなので是非チェックしてみてください〜

 

 

 

 

③クレ・ド・ポーボーテ レオスールデクラ8,000円

f:id:mmk0303:20161216132334j:image

もうこれは!永遠のベストコスメ。大好き。ないとこまる。一見高く見えるけど、コストパフォーマンスは完璧。買ったのがもう1年以上前なのに、いまでちょうど半分くらい。底見えしてて、あまり綺麗じゃないので、外見だけで…。これね、セミマットな肌に最高に合う〜!!1番最後にふぁーっと乗せるんだけど、これぞ、私が思う、ハイライトってかんじ。ほっぺとデコルテは自前のレフ板っていうからね。これどこかで聞いた名言ね。これはなくなったら絶対にレフィル買うよ!なかなかリピートしない私にとってはかなり貴重な化粧品だよ〜おすすめだよ〜!!

 

 

 

 

 結論としてはハイライトってなくてもいいけど、あったらテンション上がるよね!ってことですね。

 

 

 

 

次はお粉いくぞ〜!

仕込みが大切《コンシーラー編》

テンション上がりすぎて風邪ひきました。脳みそが溶けて鼻水が出て来てんじゃないかって感じです。

 

 

 

 

 

ということでコンシーラー紹介いきます!!!

 

 

 

 

 

 

ディオール DIOR  フィックスイット カラー グリーン 4,200円

f:id:mmk0303:20161204100855j:image

頬の赤みや小鼻の赤みを消すのに使用中。これね、めっちゃくちゃ良い。初めてタッチアップしてもらった時、〝生まれつき色白な北国出身の少女のような肌〟ってこういうことじゃない?!って思った。もともと頬に赤みが出やすいタイプなんだけど、そんなのどっかいっちゃう。それくらい作り込まれてるようには見えない自然なカラーコントロール。もともとカラーコントロールってしたことなくて、色付きの化粧下地も使ったことなかったんだけど、こんなに悩みが解消されるんだなあ、とびっくり。私はクマはほとんどないから、グリーン一択だったけど、何故ブルーではなくグリーンだったのかは不明。ブルーもよさそう。人気なのはグリーンらしい。にきび跡の赤みにもばっちぐー。もしクマで悩んでるならイエローかアプリコットはかなりおすすめ。これは完全ベスコスでしょう!!!

 

 

 

 

②ナーズ NARS ラディアントクリーミーコンシーラー 3200円

f:id:mmk0303:20161204100900j:image

食べ物でも飲み物でも、同じものを買うのがあまり好きではなく、常に新しいものに挑戦していきたいんだけど、その分もちろん失敗も多い。このコンシーラーがまさにそれ。使い切り日記で紹介したディオールコンシーラーをもう一度買うのが嫌で、前から気になっていたNARSに。カバー力はある。カバー力に関してはめちゃめちゃ良い!でも!!!乾燥がすごい。ヨレやすい。ディオールがなくなる前にこれ買ったから顔の右と左で使い分けて1日過ごしてみるっていうのを、ファンデ変えながら何度かやってみたけど、目の下は特に皺が目立つ。このコンシーラーを使ったことにより目の下の皺に気付くことが出来たといっても過言ではない。テクスチャーももったり系だね。もともとアーティスト系のブランドのカウンターの雰囲気とか好きじゃなくて、ボビーブラウン、NARS、MACって遠ざけてたけど、質はよさそうだなと思うので、 今後もちょこちょこ冒険していきたい次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

次はハイライトいきますうう。

顔の印象は肌で決まる《ファンデーション編》

12月になってから突然テンションあがってきたー。これが師走ってやつか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさてファンデーション編。お気に入り順に紹介していくよ。色番は大体2番目に明るいものを選んでるよ。首の色に合わせるより、手の甲の色に合わせた方が良いよ。肌が白ければ白いのが好きな人もいるけど、顔だけ白いと浮きやすいし、カバー力も少ないし、顔が大きく見えやすいので、きちんと自分の顔にあった色を選びましょう。

 

 

ディオール DIOR ディオールスキンフォーエバーフルイド 30ml 6,000円

カバー力★★★☆☆

フィット感★★★★☆

モチ★★★★☆

潤い★★★★☆

f:id:mmk0303:20161202081142j:image

総合的に完璧なこのファンデーション。とにかく大好き。全てにおいて〝丁度いい〟もともとディオールのスターフルイドを使っていて、確かにそれも悪くなかった。でもイマイチ決め手にかけてて、悪くないから使うけど、悪い理由も見つからないけど、使い続ける特徴もないな、というところに発売されたこのファンデーション。最初試供品を使った時毛穴落ちが酷くて、尚且つ黄味がかってて、私には合わないかも、と思っていたんだけど。そんなことなかった!スポンジを使うと使用感が変わった。わたしは指で伸ばすと毛穴落ちが酷くなるので、もう売ってないけどスターフルイドの黒スポンジを使ってポンポンしているよ。このファンデーションのどこが好きかっていうと、例えば今日は肌に負担をかけたくない!って日にも、今日は肌の調子あんまり良くないかも…って日でも、今日は肌完璧に決めたい!って日でも、全ての肌にフィットしてくれるところ。テクスチャーは緩めではないけど、もったりしている訳でもなく、標準的な感じ。ワンプッシュで全顔カバー完璧です◎

 

 

 ②ゲラン guerlain トゥニュ ド ペルフェクション 30ml 7,000円

カバー力★★★★★
フィット感★★★☆☆
モチ★★★☆☆
潤い★★★☆☆

f:id:mmk0303:20161202081147j:image

今まで使ったファンデーションの中で1番感動したもの。もうとにかくカバー力が、半端ない。名前の通り、完璧。私が求めてたの、正にこれ!!!って、最初使ったときは思った。買った次の日の朝、なにこれ?完璧じゃないですか…って思った。正確に言うと、今も思う。ゲランすご!!!!!って思ったし、カウンターのお姉さんにお礼を言ったくらい、最高に最強。ただ、これを使い始めてから、目の下の縮緬皺が突然気になるように。これを使ったから皺が増えた訳じゃなくて、厚塗りになる分、乾燥しやすくて、その分目立つ…ので、目の周りは避けて、頬顎額に5点置きする感じで半プッシュで充分。あとバーバリーの下地との相性がかなり悪い。素肌感とかは全くないし、肌への重みももちろんある。お化粧してます!肌が好きな人におすすめ。もちろん私はそっち派です。でも、ゲランのランジュリードポーをつけてる時、肌綺麗だねって言われることが多くて、ランジュリードポーの方が艶感もあっていいのかな。トゥニュ→化粧してます ランジュリードポー→もともと綺麗です って感じ。好きな方試してみて。ゲラン最高!

 

 

 

 

バーバリー Burberry フレッシュグロウファンデーション 30ml 6,000円

カバー力★☆☆☆☆
フィット感★★★★☆
モチ★★★☆☆
潤い★★★★☆

f:id:mmk0303:20161202081129j:image

今日は疲れたーーー。って時に使いたいファンデーション。肌への密着感は1番いいとおもう。それが、密着感というべきか、負担の少なさというべきか、カバー力の無さというべきか。もう、しみとか、ニキビ跡とか、なーーーんにも隠れない。ただ、肌ムラは隠してくれる。トゥニュの正反対にいるのがこのファンデーションかもしれないね。お粉もせっかくだから色が付いてないものを使うのがオススメかな。最後までエフォートレスを装いましょう。化粧落とさないで寝ちゃった次の日(そんなの大人の女性はないんですか?私はあります。)の肌へのフィット感のなさといったら、もう、この右に出る者はいないね。あくまでも土台が整っている上でのエフォートレス。そんなときはカバー力ががっつりあるもので捩じ伏せるしかないのです。まとめると、なくなったらリピートするか?って聞かれたら、答えは100%NO。そんな感じです。